美容も兼ねて一挙両得節約術

ここ数年、電気代は上がり、春からの値上がりを待たずして、パッケージを新たにした新製品の多くは、原材料の値上がりもあって、どの品も以前より、少々値段を上げ始めているような昨今なので、我が家の節約術にも磨きをかける事にしたのです。

先ず、基本は、以前と同じような生活リズムを崩さない中での、節約を心がける事にしました。
万一、急に、以前とは全く異なったと主人が感じる事は、一生懸命働いてくれている主人に申し訳ないし、主人の楽しみである、週2日の昼食は、主人の好きなお店を食べ歩くという事を取り上げるような事はしたくなかったのです。
そこで考えたのが、野菜は、食べられる所は、殆どすべて使って食べる・です。

この方法は、野菜の皮付近に集中している栄養素も摂れるので、美容も兼ねての事ですが、例えば、大根を一本購入したとしても、なるべく、葉の綺麗な物を選択し、葉は、よく水洗いして後、細かくきざんで、フライパンでカラ炒めをしながら、白だしと七味で味付けをして、白御飯のトッピングにしたり、冷奴のトッピングにする。他の大根部分も、3等分位に分けて、煮物、皮ごと千切りにして、皮ごとの人参のスライスと共に、酢の物や炒め煮、残りは、お味噌汁の具にして、煮物等のように、皮をむく物に関しては、キュウリ等と一緒に大根の皮を刻んで一夜漬けにするといった具合に、一本の大根を丸ごと使うようにして、丸っきりゴミも出さないほど、一品を丁寧にきっちり使い切るように考えています。

又、衣服においても、安売りだからと飛びついて、お財布を開けてしまわないで、箪笥の中で眠っている物を、今風に自分でアレンジして、順番に着用するようにしていますので、今年に入っての我が家の衣服にかけた金額は、主人の下着とカッターシャツ位で、他に購入した物は無いのです。

つまり、過去の衣服を着用し続けるという事は、サイズの変更が出来ない事で、いつまでも、変わらない体型を保つ事が必要ですから、そのための食事への配慮や体操も併用しているので、美容面でも、大きく貢献しているという、我が家の節約術なのですが、これらすべては、無理に節約している感がゼロで、毎日の服装も調理も考案して、各々、オリジナルスタイルが出来上るので、予想以上に楽しい節約生活です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です